menu

早い時期に手を打つ

相談する人

ひきこもりという症状があります。これは多くの人がかかってしまう可能性がある病気であり、一度ひきこもりになると改善することが難しい場合もあります。ひきこもりがどういった状態をいうかというと、お家にひきこもってしまって、まったく外に出なくなったような状態を示します。ひきこもりは子供だけではなく大人までかかる可能性があり、日本人なら誰もがかかってしまう危険性を秘めていると言われています。そんなひきこもりは前兆があることもあります。それは不登校などです。

不登校は学校に通っている子供が学校に通わなくなってしまう事を示します。不登校にも原因は様々にあります。多くあると言われているのが精神的な部分でおこる問題です。特に中学生の年齢となると思春期に入ります。思春期は成長をするために必要な期間でもありますが、なにかと悩み事を抱えやすい時期でもあります。その悩みに考えすぎてしまい、様々な物事が手につかなくなってくるのです。思春期に入ることで不安定な状態が続き、そこから学校に行くことが嫌になるという子供はとても多く存在しています。

ひきこもりの原因となることとして、いじめも問題となっています。いじめはとくに当事者同士でしかわからない事が多いので、周りは気づきづらいという状態にもあります。いじめというものは、やっている側はいじめているという自覚がない場合もあります。相手を殴ったり、傷つけたりすることが自然なこととなってくるためエスカレートもしやすく、誰かがそれに気づかない限り無くなることはありません。いじめられる子供は、主に学校でいじめにあいます。そのため、学校に行く度にいじめられることを想像し、学校に行くこと事態が嫌になるのです。ひきこもりや、その前兆となる不登校はそういったことが原因となって始まる場合もあります。また、いじめの被害を受けている子供は、自分がいじめにあっているということをなかなか周りに話したがりません。だからこそ周りが気を使い、気づこうとする思いを持つ必要があるのです。

いじめの被害にあった場合や、ひきこもりとなってしまった場合に、そうなってしまった人が自ら相談をするということはとても少ないです。そのため、周りの配慮が必要になります。ひきこもりとなってしまった場合は、一番近くに入る家族がそのことに気づきます。そのため、家族がひきこもりとなった人に対して、道を切り開いていくことが重要になってくるのです。そんなひきこもりの解決は相談をすることで可能となっています。相談そのものは專門の医院で受ける事ができますし、予約をして時間を設定することも可能です。