menu

根本的な解決が重要

カウンセリング

ひきこもりになると社会から関係性を経つことになります。その期間が長く続くと、ひきこもりになってしまった人も社会に復帰しづらくなるのです。そのため、ひきこもりの解決は早期に行なうことが重要になってきます。ひきこもりになったばっかりの時期には、まだ社会と馴染めていたことを感覚として覚えています。そのため、ひきこもりを解決しやすいのはひきこもりになったばかりの時期なのです。

ひきこもりは自分で解決出来る問題ではありません。しかし、周りに住んでいる家族が相談をすることで解決できるわけでもありません。専門的な人がしっかり対応をしていかなければ解決することができません。中には、時間が経つことで解決出来るのではないかと考える人もいますが、そんなことはないのです。ひきこもりになると、周りとの関係性をシャットアウトして、自分だけの世界に入りこんで行きます。ひきこもりになるような人達は、なにかとネガティブな思考をもっている人がいるので、自分だけの世界に入り込んでしまうと、良い方向には行かないのです。逆に、ネガティブな思考が進んでいき、社会と関係性を持つことに対してどんどん抵抗感を感じていきます。そうなってしまうと、どんどん社会復帰が難しくなっていきます。

ひきこもりは相談をして解決することができますが、そのためには根本的な問題を解決する必要があります。ひきこもりになる人には何かしらの原因というものがあるのです。それがどういったことなのかを見つめて、しっかり解決しなければなりません。そうしなければ、一度ひきこもりから解決したとなっても、再発する可能性があるのです。再発してしまうようでしたら、結果的に問題は解決していなかったことになります。そのため、ひきこもりの解決しようとした際には、再発防止も考えながら解決していかなければならないのです。

精神的な問題は、薬などで解決出来るほど簡単ではありません。もちろん精神安定剤などを利用することも場合によってはありますが、それを利用し続けることで解決できるわけではないのです。精神的な問題、当事者の意識をしっかり解決しなければなりません。それはとても難しい問題でもあります。しかし、意識を変えることができなければ、具体的な解決にはなっていないのです。意識という物は、一人一人違ってきます。強い意識を持っている人も居れば、とても弱い意識を持っている人もいます。それぞれが違った意識を持っているため、うつ病やひきこもりなどを解決する際には、しっかり一人一人と向き合うことが重要になってくるのです。風邪や病気のように単純な問題では無いので、カウンセリングを行なうカウンセラー達は、しっかり一人一人と向き合って相談と解決を行なっていきます。